手ごねパン 必要な道具 そろえておきたいもの

計量 パン作りの道具
計量

パン作りを始めるのに、必要な道具ってなに? レッスンで使用している商品もご紹介します。

手作りパン 必要な道具は?

デジタルスケール

慣れるまでは、きちんと分量を守って計量してください。
砂糖が足りなくて、ふくらみが悪くなった等の失敗例があります。

2kgまで計量できるものが、おすすめ。

ボールをスケールにのせたまま、0gに合わせて粉を計量し、また0gに合わせて水を入れ計量、というように、1つのボールで計量することができます。1kg用のスケールでは、全体の重さが1kgを超えるとエラーになりますので、2kgあると便利です。

こね台

人工大理石

こねる時に安定するので、レッスンではこちらのこね台を使用しています。

シリコン

シリコン製のものは、こねる時にくっついてきてしまうので、安定する台がおススメ。生地はホームベーカリーにお任せで、成形だけに使用する場合はシリコン製が便利。

ボール

プラスチック製のものを使用しています。発酵時に生地の温度が上がりやすいので、ステンレス製よりもおすすめ。

24㎝くらいあると、混ぜるときに使いやすいです。

スケッパー

パンをカットしたり、こねている時に生地を集めたりするのに使います。

ドレッジ、カード、スクレッパー、とも言います。

ソフトドレッジ等との記載のあるやわらかいものよりも、かたいものがおススメ。メロンパンのクッキー生地をカットする時、やわらかいと真っ直ぐにカットできません。

麺棒

生地を伸ばすときに使います。色々な種類のものがありますので、お好みのものを使用してください。

オーブン

オーブンは、東芝の石窯ドームを使用しています。
ERーND500を使用しています。(庫内容量30L・オーブン最高温度350℃過熱水蒸気
下記は、同じものではありませんが、石窯ドーム同じスペックのものです。

下記の機種は、オーブンの機能は同じですが、自動メニュー数が多い、スマホとリンクできるため、最高スペック商品として販売されています。オーブンの機能だけ見ると、上記の機種と同じなので、自動メニューやスマホリンクを使わない場合は、上記の機種がおススメです。

あったら便利な道具

食パン型

1斤用 材質:アルタイト

1.5斤 フッ素樹脂加工

セルクル

セルクルは、パンの型として使用します。

牛乳パックで、セルクルを手作りする方法はこちらの記事を参照↓↓↓

タイトルとURLをコピーしました