くっつかない!有害物質が発生しない!グリーンパンが有能すぎる!人にも環境にも優しいフライパン

パン作りの道具

フライパンの選び方

毎日使うフライパン、満足していますか?

こびりつかないフライパンで 失敗をなくしたい!
お手入れも楽にできるといいな。

熱伝導の良いフライパンで少ない油でヘルシーに調理したい。

フッ素樹脂加工フライパンは、過熱すると有害な物質が発生するって本当?

こんなお悩みをぜ~んぶ解決してくれるフライパン。

グリーンパン 24㎝ シリーズはこちら

くっつきやすい卵料理も、こびりつかない。卵を割ったら、縁が浮いたようになっていて、もうくっついていないのが分かります。

くっつかないのでお手入れも楽ちんです。

両面焼きは、卵の黄身がくっついてしまいそう…。これはさすがに…

ひっくり返してみると

黄身も崩れることなく、全然くっつかずにひっくり返せました。

目玉焼きの両面焼きも、失敗知らず。
全然くっついていないから、お手入れも楽ちん。

パンケーキも。

ひっくり返すと…

とっても綺麗な焼き色に。
卵料理も、パンケーキもくっつかずに、美味しく調理できました!

フッ素樹脂加工は人体に有害なのか?

テフロン・フッ素樹脂自体は人体に影響はありませんが、高温加熱をした際の有毒ガスの発生は否めません。その為、有毒ガスが発生するとされている349度以上までフライパンを加熱すると危険だそうです。

このフライパンは、砂由来のセラミック・ノンスティック層であるThermolon(サーモロン)でコーティングされています。鉛やカドミウムをまったく含まず、製造工程においてPFASやPFOAをまったく使用していません。人体に影響を及ぼす物質は、含まれていないということですね。

「PFAS」とは?

 PFASは、1940年代頃から普及していった化学物質で、水や油をはじく、熱に強い、薬品に強い、光を吸収しない等の特性を持ち、撥水剤、表面処理剤、乳化剤、消火剤、コーティング剤等に幅広く用いられています。
 PFASは、実際には数多くの化学物質の総称で、4,730種類以上があると報告されているそうです。

 米マクドナルドやアマゾンも、2021年、全ての包装・容器からPFAS(パーフルオロアルキル化合物およびポリフルオロアルキル化合物)を全廃すると発表しています。

米マクドナルド、食品包装におけるPFAS使用を全世界で禁止へ

「PFOS」「PFOA」とは?

 上記の「PFAS」のうち、特に有名なのは、ペルフルオロオクタン酸(PFOA)とペルフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)の2つです。 
 「PFOS」「PFOA」は、動物実験で発がん性が指摘されている化学物質の一種で、略して「ピーフォス、ピーフォア」と呼ばれています。

知らないことは こわいこと

私は、今回このフライパンを使うまで、フッ素樹脂加工(テフロン加工)のフライパンを使っていましたが、PFASについても知りませんでしたし、過熱することで有害物質が発生することも知りませんでした。

グリーンパンに出会って、人体に有害な物質が発生する調理器具があることを知り、食材と同じように、調理器具も見直さなければならないと感じました。

グリーンパン 24㎝ シリーズ

クラフトシリーズは、定番終了となってしまいました。
その他の24㎝シリーズはこちらです。

24cm
"セラミック・ノンスティック・クックウェアのパイオニア「グリーンパン」の公式オンラインショップです。2007年にベルギーで誕生したグリーンパンは、従来の加工材料であるフッ素樹脂(テフロン)を一切使わず、PTFEを含まずより健康に配慮したノンスティック(こびりつき防止)加工を施し、フライパンを筆頭に調理器具業界に革命をも...

その他のサイズはこちら

GREENPAN フライパン 商品一覧

タイトルとURLをコピーしました