たっぷりレーズンで美味しい「レーズンパン」の作り方 簡単!手作りパン

レシピ

こんにちは。
パン教室ゆっこぱん講師のYuccoです。
今回は定番のパン「レーズンパン」を作ります。

レーズンパン 材料

材料A
強力粉 100g
ドライイースト 4g
砂糖 20g
シナモン 小さじ1(省略可)
卵黄1個+全卵=40g
牛乳80g+水30g
(人肌程度に温めて使います)

材料B
強力粉 100g
無塩バター 30g
塩 3g

レーズン 65g~70g

レーズンパン レシピ動画

材料が準備できたら動画を見ながら早速作ってみましょう!

たっぷりレーズンで簡単美味しい「レーズンパン」の作り方 手作りパン How to make "raisin bread"

レーズンパン 作り方 解説

レーズンを湯通しする

レーズンを湯通しします。
お湯にサッとくぐらせて、ざるに上げて水気を切っておきます。
さらにキッチンペーパーで水気を拭き取っておきます。

混ぜる

ドライイーストから離した位置に卵を入れます。

ドライイーストに向けて[牛乳+水]を入れます。

ダマがなくなってとろみがつくまで、よく混ぜます。

材料Bを入れ、ひとまとまりになるまで混ぜます。

こねる

台の上に出してこねます。
片手で生地を伸ばすようにしてこねます。

あまり、力を入れすぎないように注意してください!

生地が徐々に滑らかになってきます。
弾力が付いてくると、台にベタベタくっつかなくなります。

生地をたたきます。
右手で右側から生地をつかみ、手をひっくり返して叩きつけます。

生地がべたつかなくなったら生地を丸めます。
表面を張らせるように丸め、指で押して弾力を確認します。
指で押した生地がじわりと戻ってくればOK

レーズンの混ぜ込み方

生地をひっくり返し、大きく広げます。

湯通しして水気を切ったレーズンを全体に散らします。
手前から生地をくるくると巻きます。

生地の向きを90度変えて、縦方向にも巻きます。

片手で生地を伸ばすようにして、レーズンが全体にいきわたるようにこねます。

力を入れすぎるとレーズ潰れてしまうので注意!

レーズンが均一に散らばったら、こね上がり。
生地を丸めてボールに入れます。

一次発酵

ラップをかけて、あたたかいところで30分ほど発酵させます。
オーブンの発酵機能を使う場合は40度に設定します。(25分ほど)

フィンガーテスト

発酵状態を確認します。
強力粉を人差し指に付けて、生地の真ん中に穴を開けます。

穴が閉じてこなければ発酵完了。
穴が閉じてしまったら、ラップをかけて発酵時間を延長します。

ガス抜き

拳で優しく生地を押しガスを抜きます。

分割

生地を取り出して、8等分にします。

目分量で分割したら、スケールで計量して同じ重さになるようにします。

大きさがバラバラだと、焼き上がりに違いが出てしまいます。
大きいものは生焼けに、小さいものは火が通りすぎてパサパサに…等

丸め

分割した生地を丸めます。

台の上で転がして丸めてもOK
手の上で生地を張らせるように丸めてもOK
やりやすい方で丸めてください。

ベンチタイム

生地を丸めたら、ラップをかけて10分ほど休ませます。

成形

1番目に丸めた生地から順に、ガスを抜いて丸め直します。

レーズンが飛び出てきてしまったら、
取り出して、底から奥に入れましょう。

二次発酵

天板の上に、間隔を空けて並べます。
あたたかいところで30分ほど発酵させます。

オーブンの発酵機能を使う場合は40度に設定してください(25分ほど)

仕上げ

ひとまわり大きくなったら、オーブンから取り出し、溶き卵を塗ります。

ハサミで十字に切り込みを入れます。

焼成

200度に予熱したオーブンで、15分焼成します。

焼けたら、クーラーの上に上げて、あら熱を取ります。

タイトルとURLをコピーしました