本当に美味しい肉まんのレシピ きれいなひだの作り方 包み方解説

レシピ

パン教室ゆっこぱん講師のYuccoです。

今回は手作りの肉まんの作り方。
最高に美味しいほかほか蒸し立ての肉まん。

肉まん 生地の分量

【分量】 6個分
強力粉 240g
ドライイースト 3g
ベーキングパウダー 6g
砂糖 16g
水  130g
塩 2g
サラダ油 10g

今回は2種類のフィリングをご紹介します!
中華風と、日本風。
コンビニの肉まんは日本風の方の味付けです。

フィリングの材料 五香粉入り中華風

豚挽き肉 100g
白菜 60g
しいたけ 1~2枚
長ねぎ 50g
砂糖 5g
塩 3g
醤油 8g
ごま油 3g
五香粉 小さじ1/2

フィリングの材料 たけのこ入日本風

豚挽き肉 120g
たけのこ 40g
干しシイタケ 1枚
玉ねぎ 1/4個
砂糖 15g
塩 3g
醤油 10g
オイスターソース 10g
片栗粉 3g
酒 15g
干しシイタケの戻し汁 30g

干しシイタケの戻し汁を使います。
前日から水に浸して戻しておきましょう。

肉まんの作り方(中華風) 手順 

1. 強力粉、ベーキングパウダー、塩、をボールに入れます。

2. ぬるま湯(=分量の水)にイーストと砂糖を入れ、混ぜます。

3. 粉類のボールに2を入れ良く混ぜます。

4. ある程度まとまったら手でまとめます。

5. 粉っぽさがなくなったら、サラダ油を入れこねます。

6. ボールに入れラップをかけて寝かせておきます。

7. フィリングを作る。すべての材料をみじん切りにして混ぜます。

白菜はみじん切りをした後、塩を振り、水気を絞ってから入れます。

8. 生地を6等分にして丸め、ラップをかけて10分ほど休ませます。

9. 麺棒を使って12㎝くらいの円形になるように生地を広げます。
  生地の中央は厚みを残しながら生地を伸ばしていきます。

外側から内側に向かって麺棒を使うと中央に厚みが残ります。

10. フィリングを包のせ、ひだを寄せながら包みます。

※ 包み方は日本風の方で細かく解説しています。 
   6.3 分割 ~ 成形  麺棒の使い方 をご覧ください。

11. とじ目にフィリングがつかないように注意しましょう。
   生地の結び目がくっつかなくなります。

12. 10分ほど発酵させます。あたたかいオーブンの中にいれても良いです。

13. オーブンペーパーの上に肉まんをのせ、蒸し器に入れます。
  お鍋でもできます。ふたをして強火で10分ほど蒸します。

肉まんの作り方(中華風) 動画

ほかほか肉まんレシピ 2種類の味「五香粉入り中華味」と「醤油味の日本風味」

肉まんの作り方(日本風) 手順 

生地作り ~ 一次発酵

1. 写真のように材料を計量し配置します。

2. ぬるま湯(=分量の水)にイーストと砂糖を入れ、混ぜます。

さわってほんのりあたたかいと感じる程度の温度です。
熱いお湯に入れるとドライイーストが死滅してしまいます。

3. 粉類のボールに2を入れ良く混ぜます。

4. ある程度まとまったら手でまとめていきます。

5. 粉っぽさがなくなったら、サラダ油を入れこねます。

6. ひとまとまりになったら、生地をボールから取り出し、台の上にこすりつけるようにしてこねます。

7. 生地がなめらかになってきたら、左右に転がしてこねます。

8. 生地のまわりが、サラッとしてきたら丸めてボールにいれます。
  固く絞ったキッチンペーパー(濡れ布巾)をかぶせて休ませます。

肉まんの具材 フィリング

9. フィリングを作ります。
  たまねぎ、干しシイタケ、たけのこをみじん切りにします。
  調味料を入れてよく混ぜ合わせます。水分が残らないようにしっかりと混ぜます。

干しシイタケの戻し汁も使いますので捨てないでくださいね。

10. フィリングを6等分にしておきます。

分割 ~ 成形  麺棒の使い方

11. 生地を6等分にし、丸めます。
  固く絞ったキッチンペーパーをかぶせて10分ほど休ませます。

12. 12㎝くらいの円形になるように生地を広げます。
   生地の中央は厚みを残しながら生地を伸ばしていきます。
   外側から内側に向かって麺棒を使うと中央に厚みが残ります。

生地の広げ方
麺棒は右手で同じ場所で前後に動かします。
左手で生地を回転させ、厚みが均一になるように広げます。

麺棒が生地の外側にきたタイミングで生地を回転させます。
※ 動画を参照してください。

ひだの寄せ方 肉まんの包み方

13. 親指と人差し指で生地をつまみます。

14. 中指で奥の生地をつまみます。5ミリ幅のひだになるように寄せます。

15. 人差し指を抜いて、中指と親指をくっつけると、ひだができます。
  持っていたひだを親指と人差し指に持ち替えて、中指で次のひだを作ります。

ひだの部分にフィリングがつかないように注意しましょう。
生地のとじ目がくっつかなくなります。

16. これを繰り返し、最後はひだとひだをくっつけるようにしてとめます。

たまねぎのようにキュッとつまんでツノのようにすると、上の部分の生地が重たくなり、ボソボソとした食感になってしまいます。

17. 10センチ四方に切ったオーブンシートの上に肉まんをのせ、あたたかいところで10分ほど発酵させます。
オーブンの発酵機能を使う場合は40度に設定します。

18. 鍋のお湯が沸騰したら、肉まんをオーブンシートごと入れ、ふたをして強火で10分蒸します。

19. 完成です。やけどに気を付けて出来立てをお召し上がりください。

肉まんの作り方(日本風) 動画

本当に美味しい肉まんレシピ きれいなひだを作る方法と麺棒の使い方を解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました